高速溶接技術の5大特徴 1.美しく、強い 後処理工程軽減でコスト削減 2.スポット打痕が極小 スポット痕を1/3に低減 3.シートセパレーションの抑制 表面のしわやうねりを削減。薄板の悩み解消 4.難溶接材が溶接できる 発熱効率の高い溶接電流がポイント 5.高速通電だから省エネ 通電時間0.75サイクルで溶接完了

1.美しく、強いー後処理工程軽減でコスト削減ー 従来の 約1/10の時間でスポットするので やけが出にくく、素材へのダメージが少ないため 美しく強い溶接が可能です。 「毎日3時間費やしていた焼けとり作業が削減できたよ。 焼けとりをしていなかった製品の外観も格段に向上して、 お客様に喜んでもらったよ。」

2.スポット打痕が極小ースポット痕を1/3に低減ー  最近お客様から、外観品質の 要求が厳しくて困っている。 製品塗装後のスポット痕のふくらみが あるとNGになってしまうから、 サンダー仕上げが 欠かせないよ・・  スポット痕のふくらみは 熱による膨張が原因です。 高速溶接技術の超短時間スポット溶接は ふくらみを約1/3に低減しました! 仕上がりを見てください!  「サンダー仕上げが当たり前だと思っていたよ。 スポットしてそのまま出荷/塗装ができるとは驚いた。 スポット溶接の工程が大幅にスピードアップしたよ。」

3.シートセパレーションの抑制 ー表面のしわやうねりを削減。薄板の悩み解消ー ふくらみが少ないうえに、うねりがないので、 これまでより薄い材料(t0.5〜t0.8mm)も可能だな。 材料費の大幅なコストダウンも見込めるな。

4.難溶接材が溶接できる ー発熱効率の高い溶接電流がポイントー 高速溶接技術は発熱効率の高い溶接電流だから、今まで あきらめていたアルミ・メッキ材などの難溶接材が溶接できます。 新素材についての溶接についても、ご相談ください。

5.高速通電だから省エネ ー通電時間0.75サイクルで溶接完了ー 高速溶接技術搭載のマイスポットは 従来の1/7(当社比)の消費電力。 でも、通電時間が高速だから しっかり強い溶接が可能です。 省エネも品質もバッチリです。