消耗部品 私どもの消耗部品は、スタンダードなものから、スポット溶接機専門メーカーならではのオリジナル部品まで数多く取り揃えております。

部品例 : 部品でお悩み解決!

うちの工場では、ワークの せまい部分を溶接することが多いんだ。 なかなかチップの先端が 入らないし、狙いも定めにくく、 不良品が出てしまうよ・・ 人気 NO.1「特オフセットチップ」 狭いところのスポット溶接作業に一番 ご好評をいただいているのは、このチップです。 標準のチップでは溶接部分に届かない部分にも 対応が可能です。ご好評をいただいております、「特オフセットキャップチップ」「特オフセットチップ」など、向洋技研のオリジナル消耗部品から、基本パーツまで幅広くそろえた部品カタログをご覧になってみませんか?カタログは以下のリンクからダウンロード可能です。また、ご郵送でも承っております。どうぞお気軽にご連絡ください。
>カタログ ダウンロード

水冷ケーブルの管理と交換時期について

水冷ケーブルは消耗品です。 定期的に交換を!水冷ケーブルは内部に細い銅線の束が入っており、冷却水にて冷やしながら電流を流す役割を持っています。電流の過小(低下)や表面に亀裂や水漏れが発生した場合は交換時期です。

1.水冷ケーブルはどこが悪くなるの?

お客様にて十分なメンテナンスをされている場合でも、絶えず電流が流れている水冷ケーブルの劣化はとめることができません。弊社に寄せられる水冷ケーブルの故障原因の75%は経年劣化による素線の断線です。

2.水冷ケーブルの交換時期はいつ?

使用頻度によって異なりますが、交換時期は1~2年をお勧めしています。冷却水を流し忘れたまま溶接作業を行ったり、冷却水路が途中で詰まった状態で、溶接作業を行っていると、十分に冷却されず、細かい銅線は加熱して切れてしまいます。

3.水冷ケーブルの寿命を延ばすには?

冷却水を十分に通し、ケーブルを過熱させないことです。また、ケーブルと他の接触部は保護してください。

水冷ケーブルご下命の際、2002年以降製造のマイスポットは、本体(向かって右側)に、水冷ケーブルサイズの銘板が取り付けてあります。2002年以前製造のマイスポットをお使いのお客様は、黒い皮膜部分の長さでご下命ください。