channel_naka_title

酸化防止システム

ステンレス材を溶接する際、酸化による焼け焦げはどのようにしていますか?酸化(焼け)を防止しながら、スポット溶接ができるため、二次加工そのものが不要になります。