治具設計・工程設計 複雑な形状のワークの溶接を簡単にする治具の開発や、生産数を上げるための溶接工程のライン化設計をご提案いたします。ASSY図面から単品図作成を承ります。紙図面やPDFデータでも可能です。

治具+マイスポットで解決

複雑な形状のワークでも、工夫次第であらゆるスポット溶接が可能です。治具設計もお任せください。

 マイスポットは様々な治具を考案することで応用範囲が広がります。それに加え、銅ブロックなどの簡単な治具から、ASSYすべてを溶接可能にする専用治具まで、工夫次第であらゆるスポットが可能になります。

例えば「円筒状ワークの内側に溶接」

円筒ワーク本体,溶接するワーク
従来式のスポット溶接機では難しかった円筒形状も対応可能です。治具があることで、楽に、正確に、そして素早くスポット溶接をすることができます。今回はNK-71H(DESK.T)に専用治具を製作した例をご紹介します。


治具の製作例

溶接の流れ 治具②に溶接するワークをセット。 治具ごと本体製品の中へ挿入します。(自動) 製品にあいている穴にピンを差し込み、位置決めをします。(手動) 位置決めと同時に挿入された治具が開き、パーツを固定します。(手動)〔ワンタッチクランプ〕 あとは溶接個所の穴に電極を入れて溶接します。(溶接はすべて自動) 完成して取り出し 完成!

工程設計で解決!

ワークの横持ち作業をなくして、マイスポット作業をライン化したいなあ・・工場内の工程設計を見直さなければ。このままでは時間と労力がかかって仕方がないよ・・という場合も、マイスポット数台とコンベアーを組み合わせて工程設計をすれば、今までよりうんと楽になりますよ。

MYSPOT+フリーベア治具 ● 大物製品も標準機で対応 ● 低価格モデル+治具=費用削減 ● ローラーだから製品をキズつけません ● 治具は簡単に取り出し可能です。 ● 銅板の両サイドはフリーベアなので、ワークを楽に搬送できます。 1、搬送ローラーに製品を載せます 2、テーブルを下げて製品を移動します 3、テーブルを上げて製品をスポットします 既存のテーブルスポット溶接機にすぐ取付けできます。(但し21HEタイプ・03HE等、テーブル昇降機能が付いている機種に限ります。)